フィールドレポート


by tbr-field

西村健吾  初のJB戦参加で今までにない貴重な経験をプラス!

先月、初めてJB戦というものにプロアマのパートーナーとしてJBII東条湖第1戦「ジャッカルCUP」に参加させて頂いたのでレポートさせていただきます。

まず最初に今回、同船させて頂いたチームベストランの先輩でもある岩一彦プロ本当にありがとうございました。

f0182191_2193784.jpg


まず、岩プロも私も前日プラに行く事ができなかったので、一週間前は上流エリアにベイトが多かった事シャローにデカいバスがうろついている事、ネストが残っている事を伝えて当日は上流エリアを攻める事にしました。

f0182191_21105366.jpg


風がなく、雨が降ったり止んだり安定しない天気の中、いよいよ試合が開始しました。

まず朝一にS字から上流へ、マドネスのフォーミュラ「モエビ」をかけたフィッシュテール、ダークグリパンカラーのを岸際へキャストを繰り返しました。

すると…S字の上流側でこの日初のバイトがありフッキング、慎重にランディングしキャッチに成功しましたが、残念ながらノンキー。

しかし、東条湖で今年初めてバスを掛けた事が強みになり、シャローへのフォール+シェイクを繰り返しました。

9時半頃、S字カーブでフォール中に2回目のバイト!!
フッキングに成功すると、少し重めの引き、「キーパーか?」と思いつつ、ジャンプと同時にバスを確認!!慎重にやり取りし、見事キャッチしました。

キャッチした魚は300gでしたが、プロ戦と言う事もあり、あまりのうれしさに足が震えていました。

すぐに立ち直りキャストを繰り返しましたが…10時以降アタリがなくなり、私が釣れた魚は、バス2本とハス1本でした。

岩プロも数釣れていたのですが…ノンキーに悩まされ、ウェインした魚は1本で、結果は16位でした。

f0182191_21114231.jpg


優勝は3キロ台なので、プロ戦で勝つ事の難しさを知りました。


試合結果を見ると、上流に魚は多かったのですが、大きなバスが上がっていたのは中流でした。
私が釣れた場所も障害物等あった訳出なくただのシャロー、ところどころでボイルがあり、元気な小バスがうろついている様なエリアでした。

もう少し大きなバスを求めて冒険した方がよかったかもしれません。



しかし、プロ戦で釣らして頂いた事とプロの方と並んで釣りを出来た事はたいへん貴重な経験でした。
[PR]
by tbr-field | 2009-07-07 21:13 | 東条湖