フィールドレポート


by tbr-field

カテゴリ:青野ダム( 4 )

久しぶりに青野レポートです。

先日の5月17(火)9:00~14:00まで青野に浮いてました。

状況はスポーニング後半にかかったかなという状況でした。
…で♂+♀ペア、♂単独の奴あわせて6箇所で・を見ました

そのうちペアの2箇所で♂をラバジでねらいながらたまに見え隠れする♀に向かってお魚系ワームで撃って2箇所とも♀を取りました。

両方ギリギリ50cmです。

1匹目がグロッキーのワーム盤(中流域の短い橋の奥ワンド)
f0182191_1838098.jpg


2匹目がジャーキーj の鮎カラーでした。(スロープ対岸ワンド)
f0182191_18381214.jpg


今後、稚魚フライパターンの始めまで私の好きなジャーキー系が活躍する時期です
f0182191_18383780.jpg


…ホントは釣らずに見守るのが正しいんでしょうね

トーナメンターの方にとっては練習になると思いますよ
[PR]
by tbr-field | 2011-05-20 18:39 | 青野ダム
先日、青野オープンチャンピオン戦に出場しました。
出場資格は基本的に(年度によって多少違います)青野オープン全3戦に出場した選手かもしくは
どれかの試合で一度でも5位以内に入賞した選手です。
私は残念ながら前者でした。

去年度に年間ウエイトタイトルを取ってゼッケンNO-1だったのにレギュラーシーズンで一度も
お立ち台に上れなかった悔しさもあり、
今日の為に10月下旬から中4日の先発ピッチャーみたいなペースでエリアを絞り込み、
その中流域から少し上の8.5mラインを信じて朝一と昼前に2回入りました。

…で朝一はダメでしたが昼前に入った時にタイミングがドンピシャに当たり
1/11ozのミニラバで、
f0182191_13253166.jpg


なんと55cm2500gupを仕留めてプラスキーパーギリギリと
並みキーパーの助けもあり2950g(くらいだったと思います)で優勝できました。
f0182191_13232770.jpg


f0182191_13235894.jpg


青野系の大会で通常の(今のスタイル)青野オープンが初まって6年が終了しました。
その中で年度は違っても両方のタイトルを獲得する事を
青野のトーナメンターの間では「グランドスラム」と言ってます。
その名誉あるグランドスラムも史上2人目の獲得ができ大変うれしいです

この優勝を導いたのはプラクティスの成果だと今回は実感できました。
それは、大会の4日前のプラクティスでの出来事ですが

これは11:00過ぎの写真です。

f0182191_13243127.jpg


これを見て何かお気づきでしょうか?
ギルではなく、画面右下の魚探をみてください。
左右2画面になってますが左のボトムから中層までを2倍で映し出した中にベイトフィッシュが映ってます。
しかもそのベイトフィッシュがギルに追われてるかの様に割れてます。
確実にここがベイト・ギル・バスのルート及び食物連鎖劇場だと確信しました。
これが決めてとなり朝一と昼前に入るプランとなりました。
そしてまさに写真のこの場所で同じ様な時間帯にビックワンをゲットできました。

場所は中流域の島を超えて少し左に開けたワンドエリアのディープです。
[PR]
by tbr-field | 2009-12-10 13:26 | 青野ダム
f0182191_10294536.jpg

青野ダムへいってきました。
odz(オッズ)の新製品ヘアリーピッグスリムを仕込みテキサスリグのブッシュ撃ちで
いきなり50cmが釣れました。
f0182191_1030497.jpg

ワームはノリーズのカーリーチューブです。

ノーマルピッグにしろスリムサイズにしてもやはり中に通すので
ゲーリー系の塩分が多いワームより
今回使ったワームのように塩分が少ないワームのほうが刺した後も毛が抜けにくい感じがします。
f0182191_10301939.jpg

どんなワームでも獣毛チューンの”ヘアリーピッグ”でアピールど200%アップです
お試しあれ!!

[PR]
by tbr-field | 2008-09-19 10:31 | 青野ダム
f0182191_15495039.jpg

今回の大会に備えて一週間前の土曜日と先日の水曜日に(プラ禁止期間は特になし)行きましたが減水気味と水質が悪いということで、まともな魚はとれませんでした。
それからも日々周辺道路から水の状態はチェックしてました。そして大会当日の今日、さらにすこしですが減水してました。
これでハッキリ上流は捨てました。 確かに昨日の夕方~夜にかけて雨は降りましたが増水する見込みはありませんでした。
上流まで行く時間を中流~下流域ですこしでも多くキャストすることにしました。
スタートして加茂山第二公園のすぐ下流側のワンドにはいりました。
そこではキャッチできませんでしたが予想通りシャローはダメ、子バスながら5~6mラインの反応がいいとわかりました。
そして対岸に渡り第二ダムのひとつ下流側の大きいエリアにはいりました。
その6mラインをミニラバで探りだして子バスのバイトを無視して数投目についにキロgくらいのバスをキャッチ。
その場所で15分ほど粘って今度は1/4ozのラバジで25cmほどをキャッチ。
そのままダムサイト側に向かってチェックして行きました。2匹目を釣ってから約一時間半後青野川との合流地点を少し上流側に曲がったところ同じ水深でミニラバにバイト&確実に40upの感触が・・しかしなんとバレちゃいました。
そこからまたまた一時間ほどウロウロしましたがノンキーの反応しかありませんでした。
やっぱり先ほどバラした場所が気になって再度入り直しました。
するとラッキーな事にミニラバで3投目くらいに今日のビックフィッシュの1300g強をキャッチ。
そのあと朝一番に釣ったワンドに戻り20分くらい粘ってキーパーぎりぎりのバスをキャッチ。
5匹のリミットを目指したのですが時間切れでこの4匹2750gほどでウエイインしました。
ちなみに2位は1200g弱、3位は1000g弱、5位は多分500g以下だったとおもいます。
[PR]
by tbr-field | 2008-09-06 15:50 | 青野ダム