フィールドレポート


by tbr-field
NBC陸釣りクラブ加古川第4戦の参戦レポートを報告します。


前日プラは下流メインに見てまわりましたが、全体的に水が悪く、イイ発見といえば二号線下の張り出しにベイトが少し溜まっているくらいでした。
f0182191_12323458.jpg



そして当日。

朝一、とりあえず昨日ベイトを発見できた二号線下へ。

到着してみると・・・ベイトがいない・・・・

f0182191_1233393.jpg

しかし、一時間ほど粘っていると、

ゴンっとゆう明確なバイトがあり、しっかりフッキングし、よせてきてみると~

ニゴイでした・・・


気を取り直し、9時頃見切りをつけて移動しました。

次に減水時にしか入れない二号線下の中州の逆ワンドに入りました。

ここは一昨年、同じような時期に爆発し優勝者が出たエリアなので少し期待したのですが、

ギルのバイトのみでした・・・・

そして12時すぎ気持ちも折れかけそうになったので、最後の移動。

目指したのは前回大会で魚をバらした本部前より少し下流の中洲ワンド。

最初入ろうとしたピンスポットには先行者がいたので、ワンドの岬ですることにしました。

インチワッキー1/16ozにマドネス ファイナルヘブンをリグりキャスト開始しました。

数投目、ボトムをとりシェイクしていると

モゾモゾ・・っとゆうバイトが・・

聞いてみると、ラインが走りだしたのでフッキング!!

かなりのパワーで引っ張っていくので、最初、また外道を掛けてしまったか・・・・と思いよせてみると、バスの魚影をはっきり確認。

デカイ!!

キャッチした瞬間、足が震えました。


時間を見ると、12時40分。

あと少し粘るももう一本は追加できませんでした。

f0182191_12351884.jpg


検量結果は1660グラム。

f0182191_12353630.jpg


どうなることかと思いましたが、3位入賞することができました。

f0182191_12365226.jpg


f0182191_12375549.jpg


今回、ラッキーフィッシュオンリーという形でたくさんの課題が残りました。

それを次戦に生かしていきたいと思います。


これからももっともっと精進していきたいと思いますので、これからもご指導の方よろしくお願いします。

ありがとうございました。


(タックル)

ロッド エバーグリーン タクティクス フォーチュンブルー

リール ダイワ カルディア2005

ライン フロロライン

ルアー マドネス ファイナルヘブン ウォーターメロン

フック ジグヘッド1/16oz

その他 マドネス モエビフォーミュラー
[PR]
# by tbr-field | 2009-07-01 12:39 | 加古川
皆さん、こんにちは!
今回、僕の所属する全日本学生釣魚連盟主催の和邇合宿ルアー大会に参戦してきましたのでレポートします。

真夏日となった5月10日、田植えによる濁りの影響も心配されましたが、
前日からの新入生歓迎合宿で他大学とも交流を深めやる気満々の1回生たちを中心に、55名の学生たちによって琵琶湖(山ノ下湾)を舞台に開催されました。

先輩(3回生)として負けられないこの1戦ですが、朝一のボート抽選(足漕ぎ、手漕ぎ)で見事に数少ない手漕ぎボートをゲット!涙
そんなの関係ねー(涙)と自分に言い聞かせながらスタート!

朝一、名鉄ワンドへ入りました。
濁りがきついこととアフターの魚が中心であることを考え、選択したのはストレートワームのノーシンカー。
沖ではバイトを得ることが出来ず、シャローへ進入していくと…居ました!アフターのバスです。
沖側へボートポジションをとり、姿を確認したスポットへキャストし、フォール後しばらく放置。
これが正解だったようで早々にリミットメイク。
その後、ピンテールシャッドやマザーワームのネコリグ等で釣って入れ替え、40前後のバス3本を持って帰着となりました。
でっかいメスを混ぜることが出来ず、微妙かな~と思いながら検量へ。
f0182191_1832459.jpg

濁りの影響もあまり関係なかったのか、ウェイイン率も非常に高く次々と50upのバスが持ち込まれ終始賑やかな検量でした。
暫定トップウェイト3000gで最終ウェイイン。
どうかなー…と思いながら出た結果は、2950g!
悔しい!準優勝でした!

f0182191_18322856.jpg


f0182191_18324777.jpg


最後になりましたが、
今大会ご協賛頂きました各メーカー様、会場で声をかけてくだっさたり応援してくださる皆様、
いつもありがとうございます。

また次は、優勝目指して頑張りたいと思います!

(メインタックル)

ロッド : ティムコ フェンウィックFVR
リール: ダイワイージス
ライン:東レアップグレード
シンカー:アクティブ MSトーナメント
フック:オッズ ウィードショット
ルアー:アクティブピンテールシャッド(スジエビ・エビミソ)
     マドネス マザーワーム(グリパン)
[PR]
# by tbr-field | 2009-05-22 18:39 | 琵琶湖
4月6日(加古川市志方の水路・野池釣行)

仕事が休みのこの日、早起きして釣り勘を戻す練習へ行ってまいりました。
6時過ぎにフィールドへ到着、最近お気に入りの志方町の水路です。
またまたスピナーベイトで流していきます。
前回の釣行ではバラシが多く課題を残した釣行でしたが・・・
この日もバラシ連発!ジャンプされて3匹連続逃げられました(悲)
自分の腕が悪いのが一番の理由ですがタックルバランスも悪いのかな?と思い
トレーラーフックのサイズを変えたり、スピナベの重量を3/8~ゆっくりトレースできる
1/4ozに変えたりと色々やってやっと1本GET!
f0182191_19135375.jpg

f0182191_19144854.jpg

東条湖メインで釣りをしてるとどうしてもライトリグに頼りがちになりますが
今年はハードルアーも積極的に使っていこうと思うので要練習です!!
とはいえライトリグの練習もしておこうということで(笑)場所を変え通称アヒル池へ移動。
沖へ向けダウンショットをキャストしてズル引き、何かに引っかかったらロングシェイクでナイスバディの
40くらいのバスをゲット!!

f0182191_19142877.jpg



ドラグ調整も上手くいき満足できる魚を手にすることができました。
ちょこっと出かけてさくっと釣れる・・・そんな野池の釣りが僕は大好きです!
[PR]
# by tbr-field | 2009-05-20 19:16 | 東播・西播野池
NBC陸釣り加古川第3戦の参戦レポートを報告をします。

前日のプラで先週のプラの時より減水していること、度々ライズが沖で起こることに気づきベイトが沖に固まっていることを発見しました。

少し下流にもアフターの40~50クラスのバスが回遊していることを発見。沖目狙いといかに回遊を釣るかをメインに考えプラを終えました。

そして当日を迎えました
f0182191_23232355.jpg


朝一は下流から釣り上がろうと思い下流からスタート。しばらくして手前のレイダウンからブルーギルが構いにきてくれました。つつかせて近くのバスを寄せようとしているとアタリもなくラインが走りました。きいてみるとブルーギルではなさそうだったのでフッキング。

f0182191_23212854.jpg


朝一の40アップはしびれました。
f0182191_2325953.jpg


一本目は最近ハマっているカットテールのヘビダンでした。
その後、少し上流の同じシチュエーションでガルプのドーバークローラーの1/32のインチワッキーでキーパーをチャッチ。
いずれもブルーギルのバイトの音で寄ってくるバスを狙っていたのでいかにブルーギルを寄せるかが鍵でした。
f0182191_23255693.jpg


そこで去年の冬からマドネスのモエビフォーミュラーに漬け込んでいたカットテールを使いました。
風も強く特にプラス要素にならなかった雨の中1660gのローウエイトで優勝出来てとても嬉しく思います。
しかし回遊狙いで一本バラし、まだまだ課題が残りました。

f0182191_23273627.jpg


f0182191_2328760.jpg


f0182191_23291928.jpg


f0182191_23304132.jpg

来週のNBCチャプター兵庫第2戦も頑張って釣りたいと思います。
初のパートナー出場のJBⅡプロアマももうすぐ開幕します。
同船させていただく三好プロの足を引っ張らないように頑張りたいです。
三好プロ宜しくお願いします。

f0182191_23301156.jpg


f0182191_23313372.jpg


今回の初優勝はチームベストランの先輩の皆さんののご教授のお陰であると感じています。
そして陸釣りクラブ加古川会場で声を掛けていただき仲良くして頂ける選手の皆さんと楽しく出場できているお陰です。
ありがとうございます。
これからも頑張ってもっと上手くなれるように頑張ります。


【タックル】 

ロッド エバーグリーン テムジンTXFC66Lクオッドツイスター

リール シマノ メタニウムMg(レフト)

ライン 東レ SHアップブレード8lb

ルアー GY カットテール3.5インチ(ウォーターメロン)

シンカー アクティブ リザーバーシンカー 1/4oz

フック   odz ウィードショット#2
[PR]
# by tbr-field | 2009-05-17 23:35 | 加古川
急激な冷え込みのおかげで、冬ポイントにも魚が集まっているかな?っと思い、
12月9日、加古川へ行って来ました。
当日は雨の予報、どうも気がのりません。
5時半の起床のはずが、同行予定の先輩にメールで起こされ・・・6時半。寝過した!!
しかも、現場到着前に先輩より・・・
f0182191_1385593.jpg

『52cm釣れた』って、景気の良いメールもいただき、
早起きは三文の得とはよく言ったものだ!と感心しつつ、俄然やる気モードに突入!
しかし、現場に到着すると川は泥濁り。先日の雷雨の影響がまだ残っているようです。
先輩から52cmの魚の釣れた状況を聞き、ボトムのジグワッキースイミングということで、
やはり冬パターンと確信しつつ、スタートフィッシング。
同じくジグワッキーのボトムスイミングで探りを入れると、早々に38cmゲット!
f0182191_1393568.jpg

その後はしばらく当たりなし。先輩とダべリングタイムを楽しみつつ、いろんなリグを試していく。
完全に冬になると、クロー系ワームの1点シェイクが効くので、やってみると・・・
f0182191_1402699.jpg

キタァー!42cm。さすが川バス、よく引きます!フッキングもばっちりです。
f0182191_141947.jpg

そして、少しずつ移動しつつポイント調査。今度は水中岬の両サイドを狙います。
水中岬はゴロタ石で形成されており、冬になると石の隙間に魚が隠れているはずなので、
アピールのあるクロー系ワームのジグヘッドでシェイキングしながらズル引きます。
すると、同リグで狙っていた先輩にキター!!
f0182191_1421923.jpg

48cmのナイスバス!コンディションもよくきれいな魚でした。
その後すぐに、またまた先輩に38cmがヒット。
f0182191_1424499.jpg

これもクロー系ワームジグヘッドリグ1点シェイク。
お昼にはストップフィッシングしましたが、2人で5本となかなかの釣果。
もう加古川は完全な冬パターンのようです。

ロッド:6.4f
リール:2500
ライン:4lb
ルアー:ストレートワーム クローワーム
フォーミュラ:マドネスジャパンモエビスプレー
[PR]
# by tbr-field | 2009-01-03 01:44 | 加古川
今年で参戦3年目となるNBC陸釣りクラブ加古川ですが、今年こそ年間優勝!を心にシーズンを戦い、今年もたくさんの方々にお世話になりながら、なんとか悲願の年間優勝をとることができました。1シーズンを振り返っての参戦記レポートをします。


第1戦 ポパイ250加古川CUP
4位 1030g 37pt
f0182191_18524979.jpg



まずは、今シーズン勢いに乗れるかどうかを分ける大事な初戦。
最も苦手とする時期なので、ここではとにかく1本とることを優先しました。
しかし、大事な初戦と分かっていながら、いきなりやらかしました!笑
スタートして間もなくミノーへバイトしてきた1500オーバーを完全な自分の判断ミスで足元まで寄せながらランディングミス…。この時期の1本の価値を知っている分、かなーりへこみました。(かなり肩が落ちていたようで…笑)
しかし、スタッフの皆さんにも励まされながら、ラスト20分ほどにプレッシャーを考慮してスローにスローに操ったライトリグの釣りに起死回生の1発!が運良く出て、鬼門の初戦を4位入賞という、悔いは残るものの良いスタートをきることができました!
f0182191_1854953.jpg



第2戦 エバーグリーンCUP
11位 1060g 30pt

なんといっても印象に残っている第2戦…。
プラクティスで良型のつくスポットとサイズは小型ながら数釣りの出来るエリアを見つけており、ここをチャンスとみて勝負をかけることに!
朝一、猛ダッシュで良型の付くスポットへ直行し、5分もしない内にサイトで1500オーバーの魚をキャッチすることに成功し、バックアップの中流部へ!
運の良いことに前日と違うサイズの良い魚が入ってきており、競技開始1時間半ほどで軽く4キロオーバーのリミットメイク!
f0182191_18572423.jpg

しかし、ここからが悪夢の始まりでした…。気温も上がってきた11時頃、大きい魚から順に2本デッド…。それ以降バイトもなく、なんとか生き残ってくれた1060gの魚に感謝しながら1本でウェイインして11位という順位で第2戦を終えました。
f0182191_18581276.jpg

準備不足、注意不足等、非常に反省点の残る1戦でした…。


第3戦 アクティブCUP
8位 910g 33pt

折り返しとなる第3戦。
プラクティスでは下流部で53cm、2キロ近い魚を含め数も出ており、自信を持って当日を迎えました。
しかし、下流部がまさかの不発でお手上げ状態。。。残り1時間を切ったところで見切り、宛もなくフラフラ…。
すれ違った会長に「釣れませーーん(涙)」と言いつつ、前日の雨の影響でいつもより流れのある2号線エリアがふと気になり、立ち寄ってみることに。沖へノーシンカーを投げ、ドリフト。それを足元の草むらまでピックアップしたとき…、ガバッ!!
え、えっ!?
何が起こったのか分からないままバタバタのファイトで、気付くと1本のバスが手に収まっていました。そのラッキーフィッシュのおかげで、なんとか年間暫定2位という順位で最終戦へとつなぐことができました!
f0182191_192195.jpg




第4戦 東レ・バウオ・ソラロームCUP
10位 520g 31pt

全戦ウェイインで年間優勝の可能性があるのは上位2名のみで迎えた最終戦。前プラから含めるとかなりの日数を費やし、準備は万全!のはずが、試合が近くになるにつれ魚を見失い全く何も分からないまま当日を迎えてしまいました…。
パターンが見えていないのに逆転のための上位を狙うのはリスクが高いと冷静に判断し、とにかくまずは1本ウェイインすることを目標に朝から試合展開を組んでいきました。
唯一ノンキーを確認することが出来た2号線下流部へ入り、ひたすらライトリグで釣っていきました。9時頃、ストレートワームNSリグにマドネスフォーミュラモエビ(トーナメントで貴重な1本を逃さないためには欠かせません)をつけたものに、ノンキーとは明らかに違う重量感!必死のランディングでなんとか1本!
f0182191_1935255.jpg

それ以降は上位に絡める1発ビッグフィッシュを狙っていきましたが、異常なしでのウェイインとなりました。
ドキドキの表彰式でしたが、誰もが予想しなかった実力者である浦本選手がまさかのノーフィッシュということで、運に恵まれ、過去2年間あと1歩で逃し続けた年間優勝というタイトルをようやく頂くことができました!
f0182191_1943420.jpg

f0182191_195193.jpg

f0182191_1954067.jpg

f0182191_1955353.jpg


今年は非常にミスが多くなかなか納得のいく試合展開ができず、年間争いをした方々に実力ではまだまだ及びませんが、気付けば運に恵まれようやく悲願の年間優勝することができ、嬉しいです!
これも、日頃お世話になっているチームベストランの先輩方、神戸学院大学フィッシング部の仲間たち、良い練習場を提供してくださる東条湖観光様、いつも会場で声をかけてくださる皆さん、他応援してくださる皆様のおかげと思っております。ありがとうございました!
これからも上を目指して頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします!
[PR]
# by tbr-field | 2008-10-07 19:06 | 加古川
岩の隙間にライトリグを打ち込み準優勝を決めるキッカーをゲット! そして年間7位入賞&ジャパンスーパーバスクラシック2010出場権利獲得!

9月21日(日)に、兵庫県・東条湖で開催されたNBCチャプター兵庫・第6戦に参戦してきました。
兵庫チャプターでは去年から個人戦とは別に、三人一組でチームを組み、毎戦三名の重量を合算した内容で争われるチーム戦があります。
年間優勝チームは無条件で、オール兵庫チャンピオンシップに出場できるチケットが与えられます。

TBRの福永プロ、岩プロと“チームマドネス”を組み、今年は年間首位を死守しているので、最終戦にかける思いは・・・。
先月の第5戦は、今年二回目の完全試合をしてしまい、最終戦では年間シングルに立ち、チーム優勝!と意気込み当日を迎えました。

f0182191_15444014.jpg

当日の朝は、そろそろ降り出すか?という天候で、東条湖に着いた頃には、雨も降り出し、ここまでは天気予報の通りやな~と、タックルの準備にかかりました。
次第に雨の勢いは増し、普段の雨では視界良好なのですが、先ほどまで確認できた川筋は見えなくなり、周りは霧が立ちこみ、空を見上げればピカッと光りゴロゴロと鳴き、誰もが予想していなかったであろう豪雨に見舞われました。
時間にして約2時間は経った頃、前日までの雰囲気とはガラリと変わった東条湖。
水位は増水し、流れ出した雨水がショアラインを濁すと最悪の状態で最終戦のスタートが切られました。

朝一に入るエリアは、ダム管理事務所下と決めていたので、船を走らせました。
先行者が一人いたものの、なんとか同じエリアに入ることができました。
気になるディープを探るものの反応はなし。
次に岩とゴロタの入ったダウンヒルを流していくと、数等でコツコツとしたバイトが感じ取れ、上がってきたのはキーパーサイズ。
とりあえず、ウエインできる!と気持ちが楽になりました。
f0182191_15454294.jpg


そして、先行者の竿も曲がり、岩盤エリアの方からも魚をキャッチしている姿が見えていたので、いい感じに釣れている!と思い、でもこの時期ディープやろ?と赤坂桟橋前のディープを流すことにしました。
ディープを狙う選手は多いものの、釣れている気配はなく、ディープあかんのかな~と赤坂桟橋前ショアラインに移り流して行くと、またしてもコツコツとしたバイトが!
上がってきた魚は300g前後の魚で、小さいものの気分を良くし、後はキッカーを狙おうと思い、川筋に向かいました。
f0182191_15462694.jpg

通称ウンコ岩、句岬、取水塔まわりに選手が多く、魚も釣れている様子。
狙いたかったエリアは完全にババ濁、オマケにカナダ藻が付いてくる始末で、早々に見切り、サーフィンワンドへ向かいました。

句岬を出た直ぐのワンドの7~8mラインを流していくと反応があったのですが、ノンキーに終わり、もう少し粘ってみることにしましたが後が続かず、気になるシャローにDSを通してみるとバイトがあり、僅かですが入れ替えに成功。

そして少し落ち込んでいるエリアにフリーフォールで落としてやるとラインに反応が出たので、迷わずフッキング。
今までのフッキングでは急上昇してきた魚も、今回はしっかり竿に伝わる重量感と共に、体に緊張が走りぬけました。
掛けた場所と船の位置に距離があり、飛ばれるのが怖かったので、エレキを踏み込み接近戦で勝負することにしました。
少し泳がせ、いつでもランディングできる状態で魚を浮かせ、魚体を確認した途端、更なる緊張で息が上がってしまい、そこから2、3度突っ込まれながら深呼吸をし、気持ちを落ち着かせ、2度目のネットインにして、ようやくランディングに成功!

少なく見積もってキロアップ、3本で1500~1600?入賞はできたかな?と更なるビッグワンを求め竿握りましたが、自分の思いとは別に手が震えていつもの様に釣りができませんでした。
そこからエリアを離れ気分を落ち着かせ、普段のように釣りができる様になった頃、今度は雷が鳴り出し、今度は違うドキドキ感に、一時桟橋に非難し、落ち着いたころに再度出撃しましたが、天候は悪くなる一方で、試合は途中終了となりました。
f0182191_15483886.jpg

f0182191_1549390.jpg



結果、予想を上回るウエイトに準優勝にすることができました。
f0182191_1551318.jpg

f0182191_15513068.jpg


またチーム戦でも年間優勝を果たせ、喜びもひとしおです。
f0182191_15522740.jpg


f0182191_1553851.jpg



【メインタックル】
・ロッド:エバーグリーン ソリッドエアリアルLMX
・リール:ダイワ イージス2004
・ルアー:ベイトブレス ベイン(グリパン)
・シンカー:DSトーナメント1/16、1/11、3/16(ダウンショット)
[PR]
# by tbr-field | 2008-09-30 15:57 | 東条湖
f0182191_2022581.jpg

写真提供:NBCチャプター兵庫

朝一、フライト順も悪くなかったので、導水管へ向かいました。
三十分程粘りましたが、僕の力量では魚をキヤッチ出来ずに、対岸のフラットの8メーターラインで魚探に反応が有り、キャスト、ボトムをズル引くと重みを感じ、スイープであわせると、キーパーギリギリをキャッチ。
f0182191_204538.jpg

f0182191_204359.jpg

続けて、同じエリアを攻めましたが、反応無し。
その後、移動を繰り返し、帰着時間が迫り、桟橋へ向かう途中、浮物が気になり、デキシー号の係留のブイにキャスト。
鈍い重みが有り、魚の反応が有りましたが、フックオフ。
これは付いてると思い、次の浮物へ。 
慎重にキャスト。

着底する前にラインが止まり、もしやと思い、フッキング。
その瞬間、ラインが、とめども無く出て行く。
格闘の末、BigFish賞を頂く魚をキャッチ。

そのままウェインをし、チャプター参加初のお立ち台。
f0182191_2071881.jpg


本当に嬉しかったです。

f0182191_2081441.jpg


これに満足せずにチームメンバーやチャプター選手ともっと競い合ってゆきたいと思います。
[PR]
# by tbr-field | 2008-09-25 20:08 | 東条湖
f0182191_10381396.jpg

今回は加古川上流域に釣行してきました!ポイントはお馴染みの船町橋下流の堰です。
今年は一度真冬に行ったきりでそのときは巨大ナマズのみの釣果でしたので絶対バス釣ってやると意気込んで現地に到着。
5時半からキャスト開始!・・・なんか違和感が!?浅い!?ファーストキャストのジャークベイトが柔らかい底質を感じます。
どうやらここ最近の雷雨の影響からか流されてきた土砂が堆積して地形が少し変わってるようです(汗)
その後もペンシル・ポッパーで表層を、シャロークランクで少し下のレンジを、バクラトスイマーで底付近を広範囲にチェックしていきますが
全くのノーカンジ・・・仕方なく離れた場所に置いている車へ戻り本日出番のないと思っていたスピニングタックルを取りにいきました。
ここ船町の堰で過去に絶大な釣果をもたらしたジグヘッドワッキーにすべてを託します。まずは定番のスワンプクローラー(グリパン)からキャスト!
ハードルアーで流したところを流れに乗せてのミドストで狙っていきます。そして堰堤から落ち込む水流があたる岩を直撃!するとグンッ!グググッン!と
ティップが絞り込まれます!釣りを開始して1時間以上たってからの生命反応!キター!と叫びつつ魚とのやりとりを楽しみます!・・・ん!?
f0182191_10374974.jpg


ゲッ!ナマズでした(笑)これは真冬の悪夢の再来か!?と不安がよぎりましたが諦めずキャスト!ルアーをスワンプからよりアピール力の強いマドネスジャパン・ファイナルヘブンのジグヘッドワッキーに変更!そしてようやくきました!土砂が積もって盛り上がり水中島みたいになってる横にある岩の隙間を落とし込むとHIT!
川バス特有の力強い引きに快感を覚えながらやりとりを楽しみ慎重にランディング!見事48cmのグッドコンディションバスをGET!
f0182191_10394411.jpg

その後は日が昇り暑くなってきたので早々に終了!いつもなら釣れるまで意地で釣り続けるとこでしょうがこれもバスが釣れたおかげで気持ちよく加古川を後にしました。

【タックルデータ】
・ROD  スピニング6.4ft
・REEL スピニング2005
・LINE EG バスザイル・マジックハードEX 4lb
・LURE マドネス ファイナルヘブン(グリパン)/ジグヘッドワッキー
[PR]
# by tbr-field | 2008-09-20 10:40 | 加古川
f0182191_10294536.jpg

青野ダムへいってきました。
odz(オッズ)の新製品ヘアリーピッグスリムを仕込みテキサスリグのブッシュ撃ちで
いきなり50cmが釣れました。
f0182191_1030497.jpg

ワームはノリーズのカーリーチューブです。

ノーマルピッグにしろスリムサイズにしてもやはり中に通すので
ゲーリー系の塩分が多いワームより
今回使ったワームのように塩分が少ないワームのほうが刺した後も毛が抜けにくい感じがします。
f0182191_10301939.jpg

どんなワームでも獣毛チューンの”ヘアリーピッグ”でアピールど200%アップです
お試しあれ!!

[PR]
# by tbr-field | 2008-09-19 10:31 | 青野ダム