<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

~ 広島~岡山~兵庫 陸っぱり ぶらり旅 ~

 5月9日(土)、10日(日)の1泊2日で広島県~兵庫県まで「ぶらり陸っぱりツアー」に行ってきましたので報告します。

 神戸の自宅を夜中の0時30分に出発、まず向かうのは最近雑誌等で今江プロの大爆釣が紹介されて話題になっている広島県三川ダム。現地には4時頃に到着し、まだまだ辺りは真っ暗。逸る気持ちを抑えながらタックルセッティング。そうしているうちに夜が明け、ダムの姿が見えだしたのですが何と!大減水!!雑誌で見た写真も減水はしていたようですが水深は数十センチ。全く釣りになりません。それでもとサーフェイス系ルアーをキャストしましたが、やはり無反応・・・。
 
早々と三川ダムを見切り、次に訪れたのは近くにある八田原ダム。ここも超有名ポイントで既に数人のアングラーが釣りをしていました。近くのアングラーに釣果を聞くと、鯉の叩きが凄まじく、バスが怯えているのか全くバイトがないとの事。確かに辺りでは「バシャ!バシャ!」と巨大な鯉が激しく。。。
鯉エリアから離れ、近くの垂直岩盤に向かって最近好釣果でお気に入りのハドルスイマー3インチ、リアルカラーのノーシンカーをキャスト開始。フックはがまかつ様からご提供していただいた、清水盛三さんプロデュースの新製品「エリートツアラー ワーム316R」2/0をセレクト。フッキングしたときのワームのズレ方にこだわっており、貫通時にワームが邪魔にならないように形状されています。ハドルスイマーのようなバルキーなワームには本当に良いフックだと思います!
キャストを繰り返すこと数投目、岩盤すれすれにゆっくりとフォールさせていると「ゴン!」と引ったくるようなバイトを感じてフッキング!しっかりとフッキングも決まってキャッチしたのは30センチほどの元気なバス。とりあえず1本釣ることが出来たのでホッとしました。


しかし、この後釣れ続くことはなく、同行者に小バスが2本釣れたのみ。八田原ダムにも長居することなく次のフィールドへ向かうことにしました。

さて、三川、八田原両ダムで勝負しようと張り切っていた私達ですが、次はどこへ??と広島県のタイムリーな情報に乏しいためしばらく途方に暮れることに。ここで中国地方のフィールドに詳しいTOP50の小林知寛プロに情報収集のため電話を。翌日のJB桧原湖に出場のため、福島県、桧原湖でプラクティスの真っ最中との事でした。小林くんによると岡山県高梁川でそろそろアフターのバスが巻物で釣れるのではないか?と話してくれました。プラクティス中有難う!と感謝し、情報通り岡山県高梁川へ大移動する事にしました。
 到着したのは新船穂橋近くのリップラップエリア。まずはスピナーベイトで広範囲にサーチを開始しました。すると、少し歩いたポイントに40センチオーバーのグッドサイズが数匹スクールしているのを発見!気配を消してハドルスイマー3インチをロングキャストし、ゆっくりスイムさせると「ゴン!」と早速バイトがありフッキング!川バスの強い引きを感じながらランディングに成功!キャッチしたのは45センチのグッドサイズ!さらにその後も同サイズを1本追加することが出来ました。(コバ有難う!)

f0182191_17162684.jpg


その後バイトが続かず悩んだ末、同行者が以前から気になっていたという兵庫県姫路界隈にある河川へ向かうことにしました。(またまた大移動することに・・・)ここで所属チームのチームメイトに電話連絡をして姫路辺りの情報収集をすると、「姫路の川やったらどこでも釣れるよ~」との事。その一言を信じて車を兵庫県姫路方面へ走らせました。



最初に到着したのは揖保川の支流「ばんどう川」と言われるポイント。足場が高く水質もクリアで川の状態が丸見え。バスの姿もちらほら見えますが駐車スペースを見つけることが出来ず仕方なくパスすることに。次に向かったのは「大津茂川」の下流域。ここも足場が高いのですが水質はやや濁り。それでも数匹のバスを確認することが出来たのでキャストを開始することにしました。
リグはダウンショットにマドネス マザーワームの3インチ、カラーはグリーンパンプキンをセット。岸際ギリギリをゆっくりトレースすること数投目に微かなバイトを感じてフッキング!高い足場のため取り込むのは一苦労。それでもBAWO スーパーハード プレミアムプラス ハイグレード 4ポンドのおかげで何とか30センチほどのバスをキャッチすることに成功しました!
f0182191_17193044.jpg


その後もキャストを続けましたがバスからの反応がなく、車を走らせてポイントを探していると太子町の野池に陸っぱりアングラーを発見。バスを確認するため池の傍に寄ると小バスがウヨウヨ!既に陽は沈みかけており、他の場所を探すには時間がないため小バスのサイトフィッシングをすることに決定!そしてマドネス マザーワーム2.5インチのワカサギカラーのダウンショットリグをキャストすると、釣れ釣れ状態!!あっという間に10匹、20匹と釣れ続きます!同行者も同じ状態で日が暮れるまで小バスと戯れました。

f0182191_17194745.jpg


翌日10日(日)、姫路市内のホテルを朝早くにチェックアウトし、次に向かうのはリバーバッシングの聖地加古川。前日は小バスが無限に釣れるという状態でしたが、「ビッグバスが釣りたい!」と友人の希望で加古川の船町周辺へ。
到着して直ぐにメンバー一同唖然。。。何と数日前の雨で水は濁り見た目にも釣れないことは一目瞭然、それでも色々なリグを試すもやはりバスからの反応を得ることは出来ませんでした。
ビッグバスと贅沢なことは言わないからやっぱり小バスでも良いからバスが釣りたいとの友人の希望で、次は三木市内のとある野池へ移動。この池は以前会社の後輩から教えてもらった通称「小バス池」と命名された前日同様に小バスが釣れ続く野池。アベレージサイズは15㎝から20㎝と本当に小バスしか釣れない池ではありますが、ルアーテストなどには最高の野池。それぞれが色々なルアーをキャストし、小バス釣りを楽しみました。
f0182191_1720756.jpg


中には30㎝オーバーのこの池ではグッドサイズなバスもキャッチすることが出来て昼頃までに数10匹のバスをキャッチして1泊2日のぶらり旅を終了しました。

主な使用タックル

 ライン  BAWO スーパーハード プレミアムプラス ハイグレード 4lb
      ソラローム スーパーハード アップグレード 12lb

 フック  がまかつ エリートツアラー ワーム316R 2/0
      がまかつ WORM318 ワッキー #4

 シンカー アクティブ RSトーナメント1/16oz
 
 ルアー  マドネス マザーワーム 3インチ、2.5インチ 
      (カラー:グリーンパンプキン、ワカサギ他)    
[PR]
by tbr-field | 2009-07-20 17:21 | 東播・西播野池
先月、初めてJB戦というものにプロアマのパートーナーとしてJBII東条湖第1戦「ジャッカルCUP」に参加させて頂いたのでレポートさせていただきます。

まず最初に今回、同船させて頂いたチームベストランの先輩でもある岩一彦プロ本当にありがとうございました。

f0182191_2193784.jpg


まず、岩プロも私も前日プラに行く事ができなかったので、一週間前は上流エリアにベイトが多かった事シャローにデカいバスがうろついている事、ネストが残っている事を伝えて当日は上流エリアを攻める事にしました。

f0182191_21105366.jpg


風がなく、雨が降ったり止んだり安定しない天気の中、いよいよ試合が開始しました。

まず朝一にS字から上流へ、マドネスのフォーミュラ「モエビ」をかけたフィッシュテール、ダークグリパンカラーのを岸際へキャストを繰り返しました。

すると…S字の上流側でこの日初のバイトがありフッキング、慎重にランディングしキャッチに成功しましたが、残念ながらノンキー。

しかし、東条湖で今年初めてバスを掛けた事が強みになり、シャローへのフォール+シェイクを繰り返しました。

9時半頃、S字カーブでフォール中に2回目のバイト!!
フッキングに成功すると、少し重めの引き、「キーパーか?」と思いつつ、ジャンプと同時にバスを確認!!慎重にやり取りし、見事キャッチしました。

キャッチした魚は300gでしたが、プロ戦と言う事もあり、あまりのうれしさに足が震えていました。

すぐに立ち直りキャストを繰り返しましたが…10時以降アタリがなくなり、私が釣れた魚は、バス2本とハス1本でした。

岩プロも数釣れていたのですが…ノンキーに悩まされ、ウェインした魚は1本で、結果は16位でした。

f0182191_21114231.jpg


優勝は3キロ台なので、プロ戦で勝つ事の難しさを知りました。


試合結果を見ると、上流に魚は多かったのですが、大きなバスが上がっていたのは中流でした。
私が釣れた場所も障害物等あった訳出なくただのシャロー、ところどころでボイルがあり、元気な小バスがうろついている様なエリアでした。

もう少し大きなバスを求めて冒険した方がよかったかもしれません。



しかし、プロ戦で釣らして頂いた事とプロの方と並んで釣りを出来た事はたいへん貴重な経験でした。
[PR]
by tbr-field | 2009-07-07 21:13 | 東条湖
4月26日(日)兵庫県東条湖で開催されたNBCチャプター兵庫開幕戦に参加してきましたので報告します。

 前日のプラクティスではシャローの至る所にスポーニングベッドが見られ、サイト合戦になることが予想されましたが、いざそのバス達に挑んでみるとかなり難易度が高く、苦戦を強いられることを直ぐ感じました。プレッシャーを与えないためにもプラクティスではバスを触らずに、時間一杯GPSにポイントをマークしました。
f0182191_1913586.jpg


 迎えた当日、朝から強い風が吹き、サイト合戦には不向きな天候。まずはスタート後「へらワンド」へ直行し、前日イージーにキャッチ出来そうであったバスの元へ向かいました。しかし!前日誰かに釣られてしまったのか??バスの姿が。。。仕方なくGPSを頼りに中流域のポイントへ他の選手に釣られていないことを祈りながら移動。
f0182191_19195419.jpg


幸いなことに昨日のまま魚は残っていました。東レ ソラローム スーパーハード アップグレード 12ポンドに1/2ozのラバージグをセットしてキャストを開始すると数投目にバスからの反応がありました。ズシッと重みを感じたのでしっかりフッキング!難なくキャッチすることに成功!600gほどのナイスキーパーを幸先良く釣り上げることに成功しました。

 次に前日多くのバスを確認した上流部へ移動すると、すでに多くの選手が岸にロック状態。それでも他の選手が見落としているバスがいないかと目をこらして確認していくと、垂直岩盤エリア、水深2mほどの場所にキーパーサイズのバスを確認しました。しかしここからが悪夢の始まり。何とこのバスに2時間も費やしてしまいました。まず1本目のバスをキャッチした1/2ozのラバージグから始まり、次に東レ ソラローム スーパーハード アップグレード 4ポンド+アクティブRSトーナメント1/16oz+がまかつWORM318にストレートワームをセットしたダウンショットリグをキャストしたりと様々なリグ、ルアーで挑みましたが、何とタイムアップ寸前ラスト1投でダウンショットによって貴重な追加の2本目のバスをキャッチすることに成功!帰着遅れで失格にならないよう急いで検量へ向かいました。

f0182191_19214127.jpg


f0182191_1922641.jpg

 検量の結果は2本で910g、7位入賞!惜しくもお立ち台に立つことが出来ませんでした。しかしどうも苦手な初戦を幸先良く7位で終えたのでホッとしています。

f0182191_1922589.jpg



使用タックル

タックル1(ベイト・ラバージグ)

(ロッド)
 エバーグリーン 69H(タイラントHD)
(リール)
 シマノ メタニウムmg
(ライン)
 東レ ソラローム スーパーハード アップグレード 12ポンド
(ルアー)
 1/2oz自作(ホワイト)



タックル2(スピニング・ダウンショット)

(ロッド)
 エバーグリーン 60ULX(レベルストローク)

(リール)
 ダイワイージス2000

(ライン)
 東レ ソラローム スーパーハード アップグレード 4ポンド

(フック)
 がまかつ WORM318 #4

(シンカー)
 アクティブRSトーナメント1/16oz

(ルアー) 
 ストレートワーム

(フォーミュラー)
 マドネス アトラクテッド フォーミュラー (モエビ)

[PR]
by tbr-field | 2009-07-03 19:30 | 東条湖
~ 芦田川釣行 ~

 4月11日(土)、広島県芦田川へ春のプリスポーンバスを求めて行ってきましたので報告します。
 
現地到着は早朝5時頃。神戸から3時間のロングドライブで芦田川下流域に到着しました。今回攻めるエリアは延々とリップラップが続くエリア。この時期最もプリスポーンバスが集まるというグッドスポットです。

広大なエリアを手返しよく探るためチョイスしたのはスピナーベイト。ロングキャストするために1/2ozをセレクトしてキャスト開始。もちろんフッキング向上のため、がまかつのトレーラーフック(#2 レッド)もセットしました。

リップラップに付いているであろうバスからの反応を得るために、水深、リトリーブスピードを変えてキャストを続けるも全く反応はありません。そうしているうちに9時30分頃、近くで同じくスピナーベイトをキャストしている友人にHIT!やはり予想通り居ました!プリプリのビッグプリスポーンバスが!キャッチしたのは53センチのグッドサイズ。予想は確信へと変わり、気合いを入れ直して再びキャストを開始しました。
f0182191_15473442.jpg



しかしこの後、バスからの反応がなく勝負は夕まずめに持ち越されました。

そして16時30分頃、再びバスからの反応を得たのは同行者でした。リップラップを丁寧にラバージグで攻略し40センチを少し越えるプリスポーンバスをキャッチ!私も負けじと東レ ソラローム スーパーハード アップグレード 12ポンドにラバージグをセットしてキャスト。水深約2mのリップラップエリアをスローに探ると17時頃にようやく「ゴン!」と明確なバイトがあり渾身のフッキング!慎重にランディングを行いキャッチしたのは47センチのグッドサイズ!
f0182191_1548269.jpg


その後も陽が落ちるまでキャストを繰り返しましたストップフィッシング。厳しいコンディションの中、貴重な1本をキャッチすることができ、ノーフィッシュを免れてホッとしました。

【タックル】

■ロッド

エバーグリーン クロスファイヤー68MH(スタリオン)

エバーグリーン コンバットスティックテムジン60L(エアリアルHP)

■リール

ベイトリール(シマノ・メタニウムmg)

スピニング(ダイワ・イージス2000)

■ルアー

イマカツ・ハドルスイマー3インチ

マドネス・マザーワーム3インチ、2.5インチ

■その他

マドネス フィッシュフォーミュラー(モエビ)

[PR]
by tbr-field | 2009-07-02 15:46 | その他バスフィールド
NBC陸釣りクラブ加古川第4戦の参戦レポートを報告します。


前日プラは下流メインに見てまわりましたが、全体的に水が悪く、イイ発見といえば二号線下の張り出しにベイトが少し溜まっているくらいでした。
f0182191_12323458.jpg



そして当日。

朝一、とりあえず昨日ベイトを発見できた二号線下へ。

到着してみると・・・ベイトがいない・・・・

f0182191_1233393.jpg

しかし、一時間ほど粘っていると、

ゴンっとゆう明確なバイトがあり、しっかりフッキングし、よせてきてみると~

ニゴイでした・・・


気を取り直し、9時頃見切りをつけて移動しました。

次に減水時にしか入れない二号線下の中州の逆ワンドに入りました。

ここは一昨年、同じような時期に爆発し優勝者が出たエリアなので少し期待したのですが、

ギルのバイトのみでした・・・・

そして12時すぎ気持ちも折れかけそうになったので、最後の移動。

目指したのは前回大会で魚をバらした本部前より少し下流の中洲ワンド。

最初入ろうとしたピンスポットには先行者がいたので、ワンドの岬ですることにしました。

インチワッキー1/16ozにマドネス ファイナルヘブンをリグりキャスト開始しました。

数投目、ボトムをとりシェイクしていると

モゾモゾ・・っとゆうバイトが・・

聞いてみると、ラインが走りだしたのでフッキング!!

かなりのパワーで引っ張っていくので、最初、また外道を掛けてしまったか・・・・と思いよせてみると、バスの魚影をはっきり確認。

デカイ!!

キャッチした瞬間、足が震えました。


時間を見ると、12時40分。

あと少し粘るももう一本は追加できませんでした。

f0182191_12351884.jpg


検量結果は1660グラム。

f0182191_12353630.jpg


どうなることかと思いましたが、3位入賞することができました。

f0182191_12365226.jpg


f0182191_12375549.jpg


今回、ラッキーフィッシュオンリーという形でたくさんの課題が残りました。

それを次戦に生かしていきたいと思います。


これからももっともっと精進していきたいと思いますので、これからもご指導の方よろしくお願いします。

ありがとうございました。


(タックル)

ロッド エバーグリーン タクティクス フォーチュンブルー

リール ダイワ カルディア2005

ライン フロロライン

ルアー マドネス ファイナルヘブン ウォーターメロン

フック ジグヘッド1/16oz

その他 マドネス モエビフォーミュラー
[PR]
by tbr-field | 2009-07-01 12:39 | 加古川